新座ひまわり保育園 TEL.048-478-0802|新座市|埼玉県

ひまわり保育園とは
保育時間・保育内容
ひまわりの手作り食事
所在地・アクセスマップ
ひまわり会・理事会より
保育園からのお知らせ

2015〜 ひまわりまつり
~2014 ひまわりまつり

ご案内>ひまわり会・理事会より
   ひまわり保育園は新座市指定家庭保育室です
ひまわり保育園は、新座市家庭保育室委託契約書に基づき、「ひまわり保育園理事会」が運営している0、1、2才児専門の保育施設です。

 1971年、新座団地の誕生と共に、0才児産休明け保育所がなくて困っていた親たちが中心となり、ひまわり乳児共同保育所を開所しました。そして、父母、保育者が協力し合って、共同運営を続けてきました。その後、少子化が続き、入所児が激減し、運営を支えるため1989年、理事会形式による運営となり、新座市の産休明け保育を担っています。

 2002年からは、ニーズに応え、対象年齢を2才児までに引き上げて、0、1、2才児のための保育園として再スタートしました。

   ひまわり会・理事会とは
 理事会は、卒園児父母を中心にした理事(定数7名)により形成されています。月1回の定例理事会を開いて、園の運営に関すること、保育内容、市への要望事項、予算、決算などについての内容が話し合われています。

 また、園の運営のための重要な位置付けとなっているひまわりまつり(例年11月)への取り組みにも力を入れています。ひまわりまつりは例年、現父母、保育士、OB・OG、地域の方の協力のもと、ひまわり最大の行事となっています。毎年1回、バザーの時に顔を合わせるだけでも、ひまわりがここに存在し、多くの新しい父母の力を生み出している実感を、参加者に与えることが出来るイベントとなっています。

運営の補助としては、ふれあい祭り(例年8月)での模擬店、新座団地自治会主催のさくら祭り(例年3月)模擬店、物品販売(チョコレート、松前漬数の子)での収益も大きく、欠かすことの出来ない毎年の事業となっています。

 運営の支援だけに限らず、参加することの醍醐味、新しいメンバーとの交流、子供を中心に様々な連携を持てることの楽しさも、理事会が継続し続けていける力なのです。

 これからもひまわり保育園の保育内容・保育環境を向上し、利用しやすい保育園となるよう、理事会メンバー一同、職員と共に努力を続けていくつもりです。保護者のみなさまにも、ご協力、ご支援を心からお願い申し上げます。

 理事として協力してみたいと思われる方は、是非お声かけ下さるようお待ちしております。

                         (2011年12月 ひまわり保育園理事会)



COPYRIGHT(C). 新座ひまわり保育園. ALL RIGHTS RESERVED.